LINEで送る
Pocket

ドラマやマンガの中で「結婚相手の男性は年収○○○万円以上ないと!」と女性がかなり厳しい希望条件を語るシーンを時折見掛けます。

実際に筆者もランチ中、隣に座った婚活中と思われる女性2人が

「年収800万円以上で、長男ではなく、血液型はB以外で」と希望条件について話し合っている場面に出くわしたことがあります。

家庭を築き、共に人生を歩んで行くことになるパートナーを探す婚活。

理想の結婚生活のために、経済的安定を望み収入という条件で一定の基準を設けるのは決して間違っているとは思いません。

ただその一定の基準のハードルとして掲げるのには一体どれくらいの水準の収入が適切なのでしょうか。

次に紹介する調査によるとパートナーの収入について
「特にこだわりはない」と答えた男性は57%、一方女性は27%にとどまり、約43%の女性がパートナーに求める年収は640万円になることが分かりました。

肝心な年収600万円以上の未婚男性の割合は!?

ところが、この女性が求める640万円という
「一定の基準」をクリアできる未婚男性がほとんど存在しないようなのです。

2002年の山田昌弘(中央大学教授)氏の調査によると、

「東京では未婚女性(25~34歳)の40%が年収600万円以上の男性との結婚を望んでいます、ところが同世代の未婚男性のうち実際に600万円以上の収入を得ているのはわずか3.5%でした。」

と記されています。

また、転職サイトDODA発表の「平均年収(年齢別) 2014年版」に於いても、

20代の平均年収は348万円、30代が458万円、40代でも586万円に留まり、

大部分の男性の収入が600万円を満たしていないとされています。

婚活サービスを利用する余裕がある男性ならば収入も比較的高水準で、

ある程度は生活に余裕があることが期待できます。

しかし年収600万円以上の条件をクリアできる男性、となるとそれほど多くないでしょう。

お相手の年齢層にもよりますが、余りに『年収600万円以上』に固執してパートナーを探そうとすると、かなり骨が折れることになりそうです。

共働き、節約生活を視野に入れ、実りある婚活を!

また、600万円以上の収入の条件を必須にしてしまうと、結婚相手に巡り会うまでに苦労するだけではありません。

婚活対象となるお相手の男性がごく少数に絞り込まれてしまうため、ほんらい結婚相手を探す上で重要視するべき「人柄」や「価値観」、「趣味」、「二人の相性」といった他の条件について、

無駄に妥協を迫られる可能性も大いに考えられます。

たとえ現在の収入は「一定の基準」をクリアできていなくても、結婚後は長い時間を共に過ごすのですから、これから昇給が見込めて将来的に基準をクリアできる可能性を秘めた男性も必ずいるはずです。

最近は共働き家庭が増えていますから、男性が基準をクリアするまでの間、女性も働き続けることで収入を得て、世帯年収で希望金額を確保する方向も視野に入れてみてはいかがでしょうか。

あるいは、収入は多くなくても無駄な出費を抑えていくことで、生涯を通じて十分に余裕ある生活を送れることもあります。

年収は高くても金銭感覚の不一致には注意して!

事実、筆者は20代の頃、年収400万円ほどでしたが、1年間で100万円の貯金に成功しました。

たとえ600万円以上稼いでいてもブランド品を買い漁ったり、自動車等にお金を掛けすぎると少しも貯金できません。

収入の額面よりも、支出の金額が重要かもしれません。

右から左では稼いでいても意味がないですよね。

結婚相手の「堅実さ」や「人柄」なにより「お金の使い方」を注視した方が、あなたにふさわしい男性が見つかるかもしれません。

婚活を成功させる上で大切なことの1つは、収入に関する「一定の基準」を、あなたが妥協できる最低限のラインに設定しておくことなのではないでしょうか。

門戸を広くひろげてハードルを下げて、沢山の男性の中から最高の一人を選べることが大切だと思います。

理想の家庭像を求めるあまり条件ばかりが先行してしまっていませんか?

運や努力に意外と左右される収入にこだわり過ぎず、努力では変え難い人柄や価値観といった条件もチェックしつつ、より多くの相手を対象にしてみてはいかがでしょう。

そうした方が、満足できる結果を得られる確率はずっとアップするはずです。

埋まらないパズルのピースは意外と身近に居るのかも知れません。

最新のハイステイタスパーティー情報をご紹介しています

→東京の資格限定パーティーを探す
→大阪の資格限定パーティーを探す

LINEで送る
Pocket

スポンサーリンク