LINEで送る
Pocket

1

世界を駆けまわっているビジネスマンと言えば

まず商社マンが一番最初に思い浮かぶのではないでしょうか。

どの女性も一度はこのような商社マンとの結婚を夢見たことがあるのでは?

当然私も一時結婚を夢見たことがあり、どうしたら商社マンと出会うことができるのだろうか

などと真剣に悩んだこともありました。

商社マンと結婚すれば海外に住むことができるという付加価値がついてくるからです。

永住するつもりはなくても数年間海外生活を体験してみたい、

外国語を身に着けたいなどと考えている人にとっては、商社マンとの

結婚は夢をかなえる第一歩なのです。

ハイステイタス・商社マンと結婚するメリット・デメリットはなに?

商社マンと結婚するメリットの第一番目は海外に住むチャンスがあるということです。

海外赴任の夫についていけば赴任先で海外生活を体験することができるのです。

当然かなりの費用を会社が負担してくれるので国内では体験できないような生活を送ることも可能です。

日本の企業は従業員のセキュリティには万全を期しているので安全な住居を確保してくれています。

また、お給料も海外赴任手当などが加算されたり、

場合によっては現地と日本の二か所で支給しているところもあります。

しかし、いいことばかりではありません。

商社マンは幅広い人脈が仕事に直結するため交際費が多くかかるということです。

仕事のためだとして飲み会や遊びにお金を使い生活が派手になりがちです。

うらやましいような高給取りにも関わらず借金をしている人も多いと聞きます。

女性づきあいも派手で浮気で悩んでいる奥さんもいるようです。

もちろんそのような人ばかりではありませんが、商社マンだからというだけで

結婚をしてしまうと後で痛い目にあうこともあるので

人となりをよく見極めましょう。

ハイステイタスな海外生活の勝ち組・負け組

私の知人で勝ち組の友達について紹介しましょう。

ご主人は大手総合商社にお勤めで赴任先はニューヨークでした。

駐在期間は4年間でしたが、彼女は海外生活をとてもエンジョイできる環境だったようです。

高級住宅街のアッパーイースサイドに住んでおり、

テレビで紹介されるような門番も常駐している高級マンションです。

その上、高給取りとあって、いわゆるセレブの生活を満喫することができたようです。

帰国してもあの頃の生活に戻りたいと言っていました。

もちろんこのような人ばかりではありません。

不本意にも発展途上国などに赴任した場合にはそれなりのリスクが伴います。

発展途上国は商社にとってはビジネスチャンスが広がっており大事な取引国ですが

いざ家族で赴任するとなると安全面や教育面で心配なことが多いのです。

スリランカ勤務になった人は単身で行くことを決めたと言っていました。

ハイステイタスな商社マンとの婚活のまとめ

私も商社マンとの結婚に憧れ出会いのチャンスがあれば積極的に参加してきました。

しかし、私が出会った商社マンの多くは軽いのりの人が多く

結婚を考えるまでの人はいませんでした。

中には浮気相手を求めていた人とも出会い幻滅することも多かった気がします。

たまたま私が出会った商社マンがそういう人ばかりだったのでしょうが、

理想の商社マンと出会うのは難しいようですね。

知人の紹介や結婚相談所などを利用した方が

信頼できる人柄の商社マンに会える確率が高いと思いますよ。

最新のハイステイタスパーティー情報をご紹介しています

→東京の資格限定パーティーを探す
→大阪の資格限定パーティーを探す

LINEで送る
Pocket

スポンサーリンク