LINEで送る
Pocket

1

生涯未婚率の上昇で婚活女子の実態が明らかに?

近年、ニュースや議会でも取り上げられる程問題視されている、未婚率の上昇。

50歳時点で婚姻経験が無い人の割合を示す、「生涯未婚率」は平成22年度に男性20.1%、

女性10.6%となっています。

(内閣府男女共同参画局保有データ)

男女ともに2%前後で推移していた1970年代と比べると、

あきらかに「生涯未婚率」が上昇していることがわかります。

1970年代には、特別な理由が無い限りほとんどの男女が結婚していた時代。

一方現代は自ら生涯未婚であることを選択する人がいる時代。

では、今後はこの未婚率はどうなっていくのでしょうか?

今後も上昇傾向にある、生涯未婚率でハイステイタス婚活は可能か?

実は「生涯未婚率」のデータは平成22年以降発表されていません。

しかし、平成22年までのデータを確認すると、

「生涯未婚率」の上昇傾向を読み取ることができます。

現在の「生涯未婚率」は男性20%、女性10.6%と言われています。

つまり、男性で5人に1人、女性で約10人に1人が50歳の時点で結婚経験がないということになります。

自分はその5人のうちの1人、または10人のうちの1人にはならないと考えている、

さして緊急性を感じていない人が多いですが、それは危険な考えです。

ハイステイタスや資格限定の男性との婚活どころか、普通の婚活での話です。

結婚できない女性は10人に1人だけ、言いかえれば10人に1人は結婚できない

平成22年の「生涯未婚率」(内閣府データ)によると、女性の生涯未婚率は10.6%となっています。
zz
これは、平成22年の時点で50歳の女性の未婚率を示しています。

平成20年時点での30代女性の未婚率を見てみると、33.8%という数字になっていますが、

今の50代女性が30代だったころの未婚率は13%となっています。

30代女性の未婚率は20年で約20%上昇していますので、

現時点で30代の女性が50代になるころには、

この調子でいくと生涯未婚率は30%になるという計算になります。

つまり、3.3人に1人が結婚できないということです。

生涯未婚率には5~7%の地域格差もあります。

仮にこのまま何も対策がなされず、今の傾向のまま進んでいくと考えると、

現時点で30代の女性が50代になるころには、生涯未婚率は30%程度になり、

特に都市部では35~40%程度となります。

つまり、2030年頃には全体で3.3人に1人、

都市部では2.5人に1人の女性が未婚であるということになります。

女性だけでなく男性もまた同様です。

自らの意思で結婚しない人、結婚したくても出来ない人を含めての数値ですが、上昇するのは間違いありません。

生涯未婚率が10人に1人というのは、現在30代の女性には当てはまらず、

自分は結婚できると考えるのは間違いです。

現在30代の女性は、2~3人に1人は結婚できないかもしれない、と考えて行動した方がよさそうです。

20代女性の4人に1人が既婚、30代女性は…

しかも、既に20代で結婚経験がある人は40%程いるということも忘れてはいけません。

10人中4人が20代で結婚している中、仮に10人に1人が結婚できないと考えたとしても、

既に残り6人となっています。

つまり、30代未婚女性のうち、6人に1人は結婚できないということです。

生涯未婚率がこのままのペースで上昇していくと、女性全体で2~3人に1人は結婚出来ない可能性がありますし、

生涯未婚率が今のまま変わらなかったとしても、

30代女性の中で6人に1人は結婚できないという計算になりますので、

30代女性はそれを踏まえて行動した方がよさそうです。

最新のハイステイタスパーティー情報をご紹介しています

→東京の資格限定パーティーを探す
→大阪の資格限定パーティーを探す

LINEで送る
Pocket

スポンサーリンク